「デイリーブレッド」は20歳になりました。

みことばをお届けして20年、神の知恵と力、そして愛に支えられ、皆さまと共に人生を変える神のみこと
ばの英知を多くの方々に伝えられたことを感謝し、主の御名をたたえます。
20周年、ありがとう!

これまでの歩み

主の導きによって歩んできた道を一部ですが、ご紹介いたします。神の恵みを一つひとつ数えながら、永遠に変わらない真実をたたえましょう。

主はいつくしみ深くその恵みはとこしえまで、その真実は代々に至る。(詩篇100篇5節)
20年間、そして今、また未来に向かって、皆さまと共に進んでいきます。

1938年

1956年

1997年

1999年

2000年

2002年

2008年

2009年

2011年

2011年

2015年

2015年

2017年

2018年

2019年

創刊20周年特別企画

「デイリーブレッド」創刊20周年を記念して、皆さまと共に主に感謝を表すために、初版の復刻版を制作いたしました。 復刻版は、2001年1月のデボーション・エッセイを再編集したもので、長年の読者の方には思い出のメッセージとの再会となり、 初めての方には、聖書のメッセージが時を超えても色あせないことを証しする内容です。ぜひお申し込みください!

お届け先は日本国内に限らせていただきます。ご希望の方は下記の必要事項をご記入ください。この機会をお見逃しなく!

励まされたエピソード

多くの方々から、「デイリーブレッド」を通して神のみことばを身近に体験し、日々慰めと励ましを受けているという嬉しい証をいただきます。自宅や教会のみならず、病院や刑務所でこれを手にする方もおられます。置かれた環境や抱えている問題はそれぞれ違っても、読者の証に共通するのは、共にいてくださる主への感謝と、みことばと共に歩み続けようという決意と勇気です。

デイリーブレッドを通して教えられた、励まされた、という経験をお聞きすると、神は真実なお方だと繰り返し実感し、感謝します。主の恵みを共有させていただきたく、皆さまからいただいたエピソードをご紹介いたします。

私たち夫婦は入院中に患者同士として知り合いました。当時、妻は未信者で、私はクリスチャンになって8年目でした。病気と不安定な仕事のため不安だったのですが、彼女に対する気持ちをあきらめられず、神の導きを求めました。そんな私を支え、励ましてくれたのが「デイリーブレッド」です。妻は3年の交際期間の中でキリストを受け入れ、私たちは昨年結婚しました。心から感謝しています。(愛知県、男性)

私は摂食障害と闘う中でキリストと出会い「デイリーブレッド」を読むようになりました。そして、人生は健康を損ねるほど無理をしたり、人を蹴落としたりして成果を出さなくてもよいと分かるようになりました。神がそのままの私を愛してくださるからです。今も回復途上ですが、神が下さった人生は、心から愉しみ喜べることに満ちていると信じられます。いつも、ありがとうございます。(大阪府、女性)

牧師という立場にやりがいを感じていましたが、様々な事情で教会員数が減少し、経済的にも厳しくなってきました。そんな中、「デイリーブレッド」に助けられています。毎日のデボーションで、今日一日に神のご計画があると確信し、神が何を望まれているのか、励ましの必要な人な誰なのかなどを意識するようになりました。すると以前は、立場に沿って仕事をこなすだけだったと気づきました。私は、今こそ主の働きをしていると感じています。(広島県、男性)

♯デイリーブレッド20周年 でシェアしよう!

思い出のエピソードがありますか。

お祝いのメッセージや、激励のひとこと、印象深いメッセージは「これ」とか、初めて使ったデイリーブレッドの写真などを、ハッシュタグ♯デイリーブレッド20周年 を付けて、 ご自分のSNS(Twitter、Instagram、Facebook)に投稿してください!投稿を「公開」に設定するのをお忘れなく。 各SNSのボタンをクリックして、皆さんと一緒に祝いましょう!

デイリーブレッド20周年お祝いの感謝献金はこちら