これは2011年11月、デイリーブレッドが主催する聖書講解講座で、蔡孝全博士(北海道聖書学院教師)が、新約聖書から「イエスのたとえ話」について教えてくださった記録です。蔡博士は神学教育を通して日本で主に仕えるという召しのもと、シンガポールから来日された宣教師でしたが、2015年3月5日、50代の若さで、多くの人々に惜しまれつつ主イエスの御許に召されました。

しかし、彼が分かち合ってくださったメッセージは、今でも神の御心を追い求める私たちの信仰を励ましてくれます。

二千年前のユダヤ人に語られたイエスのたとえ話は、今日の日本に生きる私たちにも語りかけています。当時の文化的背景を学びつつ、神に喜んでいただける歩みについて考えましょう。

 

2011年11月 バイブルスタディ 失われたもののたとえ話
 
講師:蔡 孝全(さい・こうぜん)氏 北海道聖書学院 教師
※講演は、すべて日本語で行われます。
 
セッション1:ルカ15章の文脈と構成


セッション2:失われた羊のたとえ話/失われた銀貨のたとえ話


セッション3:失われた息子のたとえ話