デイリーブレッド

忍耐強く求める

南スーダンのセミ・ニゴ司教は、ケリコ語の聖書翻訳の大きな遅延を「時がゆき、戦争が来て」と語りました。実はケリコ語の印刷物は皆無でした。何十年も前に、ニゴ司教の祖父が、聖書の翻訳プロジェクトを果敢に始めましたが、戦争や戦後の混乱、北ウガンダとコンゴ民主共和国の難民キャンプに対する度々の攻撃がそれを阻んできました。しかし、ニゴ司教と信徒たちはあきらめず、彼らの粘り強い努力は、ついに報われました。ケリコ語の新約聖書は30年後に完成し、お祝いに沸き立つ難民の人々に配られました。聖書翻訳を指導した宣教師たちは、ケリコ人の熱意は言葉では表せないほどだったと語りました。

朝ごとに新しい

弟のポールは重度のてんかんを患い、10代になるとさらに悪化しました。夜間の発作は6時間以上も続き、当人にも両親にも耐え難いものでした。医師は一日の内の数時間は意識のある状態を確保しながら発作を抑える方法を模索しましたが、うまくいきません。両親は「神よ、神よ、助けてください!」と泣きながら祈りました。

キリストにしがみつく

チャールズ・ブロンディンは、1859年の夏以来、何度もナイアガラ瀑布の綱渡りに成功しました。ハリー・コルコードを背負って渡ったこともあります。その際、彼は言いました。「上を見ろ。君はもうコルコードではなくブロンディンだ。俺が揺れる時は一緒に揺れろ。自分でバランスを取ろうとするな。そんなことをしたら、ふたりとも死ぬぞ。」