作者

すべて見る
Con Campbell

Con Campbell

コンスタンティン・キャンベル博士は、米国イリノイ州トリニティ神学校の新約聖書元教授であり、オーストラリアのムーア神学校にて新約聖書の講師です。新約聖書に関する著書がいくつかあり、著書 Paul and Union with Christは、2014年の米クリスチャニティトゥデイ誌ブックオブザイヤー聖書研究部門に選ばれました。

寄稿一覧 Con Campbell

恵みによって強められる

南北戦争時、敵前逃亡は死罪でした。しかし、北軍の最高司令官アブラハム・リンカーンは、ほぼすべての脱走兵に恩赦を与え、処刑は稀でした。この寛大な処置は兵士の脱走を助長すると陸軍長官エドウィン・スタントンは激怒しましたが、リンカーンは、激戦に怖気づいた兵士たちをあわれみました。兵士たちは彼の共感力ゆえに「父なるアブラハム」とリンカーンを慕い、この人のために頑張ろうと奮起しました。