作者

すべて見る
David C. McCasland

David C. McCasland

デービッド・マッカスランド氏は、1995年から「デイリーブレッド」の著者に加わりました。Discovery House Publishersから著書が出版されています。マッカスランド氏は、妻ルアンとともにコロラド州に住んでいます。二人には、4人の娘と6人の孫があります。

寄稿一覧 David C. McCasland

正直な疑い

聖書のみことば:マタイ28

そして、イエスにお会いしたとき、彼らは礼拝した。しかし、ある者は疑った。—マタイ28:17

自分の経験から、死んだ人は戻ってこないと分かっています。愛する人を亡くした悲しみの中心にあるものは、この世で二度と会えないという辛い現実です。私たちは葬式に参列して、亡くなった人を偲び、遺族と悲しみを共にします。帰り際に死んだ人が出口で見送ってくれるとは思いません。

それを思うと、イエスの弟子たちが、初めは疑ったのも無理はありません。イエスは死からよみがえられました。天使や空っぽの墓、そしてイエスご自身を見た(マタ28:1-10)という女たちの証言に続いて、十一人の弟子たちは、ガリラヤに行って、イエスの指示された山に登りました。聖書は、「そして、イエスにお会いしたとき、彼らは礼拝した。しかし、ある者は疑った」(16-17節)と記しています。

主の一番近くですばらしい教えを聞いたり、力強い奇跡を目の当たりにしたりした彼らでさえ、何人かはイエスのよみがえりを疑いました。しかし、その正直な疑いは、よみがえられた主、という現実をしっかりと受け止められたとき、すぐさま喜びと希望に変わりました。

私たちは、主に対して疑いを持っていないでしょうか。自分の経験から、過去の過ちや現在の葛藤、また将来の展望などは、変わらないと思い込んでいませんか。新しい気持ちでイースターを迎え、主に不可能なことはないと信じませんか。

カルバリの丘に目を向けるなら疑いは消える。

間違ったプライド

偉業を成し遂げた人を現役でも「レジェンド」と呼ぶことがあります。プロ野球選手だった友人は「レジェンド」のように振舞う多くのスポーツ選手に会ったと語ります。高慢は自分を見失わせがちです。謙虚ならば、本当の自分が見えてきます。

対位法

聖書のみことば:Ⅰペテロ3:1-12

あなたがたはみな、心を一つにし、同情し合い、兄弟愛を示し、あわれみ深く、謙遜でありなさい。—Ⅰペテロ3:8

結婚生活についての話し合いで、「良い夫婦関係を築く鍵は、『ふたりがひとりになる』ことです」と言った人がいます。すると、別の人が言いました。「そのとおりです。でも、どちらに合わせるのですか。」自分が自分であることを犠牲にしなければ、夫婦がひとつになることはできないのでしょうか。

音楽用語の「対位法」を考えてみましょう。これは、ふたつ以上の独立した旋律がそれぞれの特徴を保持したまま、ひとつのハーモニーを形成するものです。バッハの「主よ人の望みの喜びよ」では、音階練習のように聞こえるピアノの旋律が、美しいメロディーのコントラストをなしています。このふたつは、各々の特色を失うことなく相まって、ひとつの曲になっています。

使徒パウロは、妻は夫に服従するように(Ⅰペテロ3:1)、夫は妻を理解し尊敬しなさい(7節)と説いた後で、「最後に申します。あなたがたはみな、心を一つにし、同情し合い、兄弟愛を示し、あわれみ深く、…報いず、かえって祝福を与えなさい。あなたがたは祝福を受け継ぐために召されたのだからです」(8-9節)と語りました。

ふたりがひとりになることは、愛と親切によってのみ可能です。自分本位に求めるばかりでは決してうまくいきません。神は、夫と妻のそれぞれを、結婚の神秘性の中でユニークな旋律にしてくださいます。ふたりが共に奏でると、神の壮大な調べの美しいハーモニーになります。

結婚生活からハーモニーが流れるためには、キリストと音合わせをしなさい。

子どものように

ずいぶん昔のことですが、就寝前の祈りの後、2歳の娘が「ママ、イエスさまはどこにいるの」と尋ねました。妻は驚いて「天国よ。それから、どこにでもよ。今ここにもおられるわ。お願いすれば、あなたの心の中にもいてくださるのよ」と言いました。「イエスさま、私の心にいて欲しい」と娘。「いつかお願いしましょうね」と妻が応じると、娘は「今、お願いしたい」と答え「イエスさま、私の心に来て、いっしょにいてください」と祈りました。それが彼女の信仰の始まりでした。

遅れの対処法

コンピューターシステムの不具合で、広い範囲で航空機が止まり空港で足止めされる。吹雪の中、何台もの車が絡む事故で高速道路が閉鎖になる。「すぐに返事する」と約束した人から返事がない。「遅れ」は時に、怒りやイライラを生みます。しかし、クリスチャンは神に助けを求めることができます。

調和を追い求める

私は1950年代、皮膚の色で学校、レストラン、公共交通、居住地が分けられている環境で育ち、人種差別や隔離政策に疑問を感じたことはありませんでした。しかし1968年、陸軍の訓練を受けたとき、その世界観が激変しました。部隊の若者たちは即、多様性を受け入れ、協力しなければ、国を守れないと気づいたのです。

ひとつの名前

クレオパトラ、ガリレオ、シェイクスピア、プレスリー、ペレ。この人たちは非常に有名で、名前だけでどういう人か分かります。しかし、それ以上の名前があります。

ひと区切りをつける

年の瀬が迫ると片付かない仕事に落ち込むことがあります。家事や仕事には終わりがなく、今日できないことは明日に…と延々とつづきます。しかし、信仰の旅路では時々区切りをつけ、神のご真実と完了した仕事を思って、祝うことが大切です。

2本の電話

聖書のみことば:ヤコブ4:13-17

あなたがたのいのちは、いったいどのようなものですか。あなたがたは、しばらくの間現れて、それから消えてしまう霧にすぎません。—ヤコブ4:14

小説家ブレット・ロトは、同じ日に2本の電話を受けました。両方とも人生を変えるようなものでした。最初の電話は、将来有望だった教え子が脳動脈瘤のため急死したというものでした。数時間後、テレビの人気番組の司会者から2本目がかかりました。彼の小説が、番組で紹介する「今月の本」に選ばれたと言われました。それは、名声と富を瞬時に手にしたことを意味しました。まず深刻な電話、それから次に跳び上がるほど嬉しい電話。そのふたつのはざまで、自分を保つのは大変でした。

ロトはクリスチャンでした。次の日、彼は太い黒のマジックペンで、白いカードに亡くなった学生の名前を書き、ずっと持ち歩きました。彼は言います。「自分に約束しました。カードをポケットに入れておこう。そうして、有名になったからといって、のぼせあがらないよう自警しよう。」

ヤコブの手紙は、人のいのちを「しばらくの間現れて、それから消えてしまう霧」にたとえています(ヤコ4:14)。今日の成功や、明日の計画に心奪われるのでなく、人の命は神の御手にあり、毎日は神の贈り物であることを心に刻むべきです。

いつの日か、神は私たちをみもとに召してくださいます。それを知っていればどんなことにも正しい視点で謙虚に対応できます。

今日を精一杯生きるために永遠を心にとどめよう。