作者

すべて見る
Keila Ochoa

Keila Ochoa

ケイラ・オチョア氏は夫とふたりの子どもの 4 人家族です。 メディア・アソシエイト・インターナショナルが提供する世界各地の作家育成に関わりつつ、 自身も著書を執筆しています。

寄稿一覧 Keila Ochoa

説明できない愛

教会の人たちが息子の6歳の誕生日を祝ってくれました。日曜学校の教室を風船で飾り、ケーキを机に置いて、息子が来るや否や、みんなで「誕生日おめでとう」と叫びました。息子は「ママ、教会のみんなは、なぜこんなに僕によくしてくれるの」と小声で尋ねました。私も同じことを考えていました。この小さな教会に移って半年しか経たないのに、長年の友だちのように扱ってくれたからです。

愛の美しさ

メキシカン・ハット・ダンスとも呼ばれる「ハラベ・タパティオ」は、恋愛賛歌です。アップビートのダンスの中で、男性のダンサーは、つばの広いソンブレロという帽子を地面に置き、やがて女性がそれを拾います。そして、ふたりは帽子に隠れてキスをして、その恋を成就させます。

あがめるべきお方

夫が友だちを教会に誘いました。礼拝の後、その人は「歌も雰囲気も良かったけれど、なぜ君たちがイエスをあれほどあがめるのか理解できない」と言いました。そこで夫は、キリスト教はイエス・キリストと自分との関係についてなので、イエス抜きでは無意味だと説明しました。イエスが私たち一人ひとりの人生に様々に働いてくださったので、私たちは集まり、主をたたえます。

静かな証

エイミーは福音を語るのが禁じられている国に住んでいます。彼女は大きな病院で新生児の世話をしている看護師です。とても仕事熱心で優秀なので、女性たちは彼女に興味津々です。それで、こっそり質問するのです。エイミーが救い主について語るのは、そういうときです。

多くの美しいもの

宣教師で画家でもあったリリアス•トロッターは、死の直前、窓の外に天の戦車の幻を見ました。彼女の伝記によると「たくさん美しいものが見えるの?」と尋ねた友人に「ええ。本当にたくさんの美しいものを…」と答えたそうです。

いつも仕える

教育心理学者ベンジャミン・ブルームが、子どもの才能の引き出し方に関する研究で、アスリート、アーティスト、学者など、120人のエリートの幼少期について調べました。すると、彼らには、集中して練習することを長年続けていたという共通点がありました。

素晴らしい我が家

息子が「どうして、おうちから引越さなくちゃいけないの?」と尋ねました。5歳の子どもに「おうち」が何かと説明するのは困難です。私たちは転居しますが「おうち」、つまり我が家が無くなるわけではありません。我が家とは愛する家族がいる場所です。一日の仕事や長旅の後で、早く帰りたいと思うところです。

多くの賜物、ひとつの目的

トウモロコシは、私たちメキシコ人の主食です。トウモロコシには多くの種類があり、色も黄色、茶色、赤や黒、まだら模様のものもあります。しかし都会の人たちは、まだら模様のトウモロコシを食べません。レストランの経営者で研究者のアマド・ラミレスは、均一な物が良質な物だと思っているからだと説明します。しかし、まだら模様のトウモロコシは美味しく、トルティーヤを作るのに最高です。

ともに働こう

古代社会では、壊れた城壁は戦いに敗れて人々が危険と恥にさらされていることを意味しました。それでユダの人々はエルサレムの城壁を再建しようとしたのです。彼らは協力してこの事業を担い、その詳細はネヘミヤ記3章に記されています。