作者

すべて見る
Linda Washington

Linda Washington

リンダ・ワシントン氏は、イリノイ州エバンストンのノースウェスタン大学にて英文執筆学の学位を取得し、その後バーモント州モンペリエのバーモント美術大学にて美術修士号を取得しました。子どもから大人までそれぞれの年齢層に向けたフィクションやノンフィクションを多く手がけ、代表作に「神さまと私」(10-12才向け、レインボーレガシー出版、ローズ出版)や「C.S.ルイスの心」(ジェリー・ルート、ウェイン・マーティンデール他と共作、ティンデールハウス)等があります。

寄稿一覧 Linda Washington

不健全な判断力

歩きスマホをしている人を見ると「車にひかれるわよ。危険だって分からないのかしら」と心で非難していました。ところがある日、私はメールを夢中で読んでいて路地の奥から来た車に気づきませんでした。幸い、運転手が先に気づいて止まってくれましたが、恥をかきました。今まで独り善がりに人を非難していたことを思い出して動揺しました。人をさばいていたそのはかりで、自分をさばくことになりました。

父の助言

出版社をリストラされ、新しい仕事を求めて神に祈りました。しかし、求職情報を探し履歴書を送っても良い結果は得られず、私は苛立ちました。ついに「私には仕事がどんなに大切か、お分かりにならないのですか」と神に抗議しました。

新しい共同体

友人の5歳の娘マイヤは、色々なおもちゃのセットから人形を取り出し、みんなで一緒に遊びます。この大きさや種類の違う人形たちが、マイヤの想像上の世界の住人で、彼らは皆で一緒にいるときが一番幸せなのだそうです。

ひとりの痛みは皆の痛み

ひどい痛みがあるので欠勤すると同僚が電話してきました。みんなが心配していると、翌日、痛みの原因は腎臓結石だったと言って、その石を見せてくれました。私は胆石を経験しているので、そのときの激痛を思い出しました。

岩に導かれて

加湿器を買いに行くと、年配の女性が行ったり来たりしています。彼女も加湿器を買うのかしらと思って棚が見やすいように移動すると、間もなく、最近流行の風邪の話になりました。彼女は咳と頭痛が抜けきらないと言います。

苦しみの中で神を賛美する

癌だったと母に告げられ、動揺したくなかったのですが、涙が止まりませんでした。癌の告知など1度でも辛いのに、3度目の再発でした。マンモグラフィと生体組織検査で、脇の下に悪性腫瘍が発見されたといいます。

怒れる神?

ギリシャやローマの神話を大学で学んだ時、その物語の神々は、何と気まぐれで怒りっぽいことかと驚きました。その怒りに触れた人々の人生は、簡単に壊されてしまいます。

神の助けによって

加齢で関節痛がひどくなり、寒い日は大変です。老いに負けたような気分になります。そんなわけで老人カレブは私の英雄です。彼は約束の地カナンを偵察したスパイのひとりでした(民13-14章)。仲間たちがモーセに否定的な報告をしたのに、彼とヨシュアだけは神が勝利をくださると言いました。ヨシュア記14章は、割当地を受け取るときがカレブに来たと語ります。しかし、そこには未だ追い払うべき敵がいました。カレブは戦いを若い者に任せて隠居したりせず、次のように言いました。「あなたが聞いたように、そこにはアナク人がおり、城壁のある大きな町々があったのです。主が私とともにいてくだされば、主が約束されたように、私は彼らを追い払うことができましょう」(ヨシ14:12)。

喜び叫べ

以前、毎週通える教会を探していたところ、友人が自分の教会に誘ってくれました。それで日曜日に行くと、大好きな讃美歌が週報に載っていたので、大学の聖歌隊で教えられたように心を込めて思いっきり賛美しました。すると友人の夫がこちらを向いて「大きな声だね」と言いました。褒めてくれたのではありません。それ以来、私は小さな声で歌うように心がけました。また、自分の賛美について、人の目を気にするようになりました。