作者

すべて見る
Amy Peterson

Amy Peterson

エイミー・ピーターソン氏は、テイラー大学の優秀成績者向けプログラムの職員です。テキサスA&M大学にて英文学学位を取得し、ウィートン・カレッジにて異文化学の修士号を取得しました。まもなく、シアトルパシフィック大学にて美術学修士課程を終了する予定です。ピーターソン氏は、東南アジアにて2年間英語教師を務め、帰国後はカリフォルニア、アーカンサス、ワシントン、インディアナなどの州で教鞭を取りました。処女作となる自身の回顧録が近日Discovery Houseから出版される予定です。ピーターソン氏の趣味は、読書、キルト作り、ハイキング、エコな生活習慣を試すこと等です。

寄稿一覧 Amy Peterson

黄金の傷跡

オランダのファッションデザイナーたちが「金継ぎ」ワークショップを開いています。陶磁器を繕う日本古来の「金継ぎ」に触発されて、衣類の繕いも目立たせて個性的にしようというのです。招待された人は、大切なのに破れてしまった服を持ってきて、金で繕ってもらえます。そして、その部分が「黄金の傷」という装飾になるのです。

愛に根ざす

メーガンは自分のゼラニウムから茎を切り取り、切り口を蜂蜜に漬けてから培養土の鉢に刺し「これでよし!」と言いました。私も人に分けてあげられるように増殖の方法を教えてくれたのです。蜂蜜は根付きを助けてくれるといいます。

時を越えた手紙

毎年百万人以上の若者が国際手紙コンクールに参加しています。2018年のテーマは「あなたが時を越えて旅する手紙だとしたら、どんなメッセージを伝えたいですか」というものでした。

新たな人生の愚かさ

その時が来るまで分からないということがあります。最初の子どもを妊娠した時、出産に関する多くの本を読み、何人もの経験談を聞きましたが、なかなか想像はできませんでした。自分の中からもう一人の人間が出てくるなんて不可能に思えました。

愛の継承

娘は少女探偵ナンシーの物語にハマりました。このシリーズを、3週間で12冊は読んだでしょう。親の好みを受け継いだのです。私も好きでしたし、1960年代に母が読んだ青い表紙の本は、今も書棚に並んでいます。彼女はその他に何を受け継いだのでしょう。

嘆きを聞かれる神

昨年の夏、「タレクア」という名のシャチが出産しました。タレクアの群れは絶滅の危機に瀕しているので、この子は希望の星でした。ところが、1時間もせずに死んだのです。この悲しみを世界中が見守りました。タレクアは17日間も赤ん坊の亡骸を押して太平洋の冷たい水を泳ぎ回った後、ついにあきらめました。

求める前に

友人のロバートとコリーンは仲睦まじいベテラン夫婦で、そのやりとりは微笑ましい限りです。食事の時には、あうんの呼吸で必要なものを渡したり、飲み物を注ぎ合ったりします。ひとりが話し始め、もうひとりが締めくくるなど、互いの心が読み取れるかのようです。

亀と一緒に待つ

秋になり、冬の到来を予感するとニシキガメは池に潜り、腐葉土と泥の中に身を埋めます。首を甲羅に引っ込め、微動だにせず、心拍も消え入るほど遅くなります。体温は凍る手前まで下がり、呼吸も止まります。泥に埋まり、骨のカルシウムが血液に溶け出て外形が崩れ出すまで、6か月の間、じっと待っています。そして池の水がぬるむと、ニシキガメは浮上して、再び呼吸を始めます。骨は新たに形成され、甲羅は太陽の暖かさを感じます。

心に書かれている

大学教授をしているので、就職や留学、大学院の受験のために推薦状を書いて欲しいと学生から頼まれることがよくあります。それは、彼らの品性や能力をほめる機会になります。