作者

すべて見る
Dave Branon

Dave Branon

デイブ・ブラノン氏は、Discovery House Publishersの編集者です。これまでに、15 冊の著書を執筆しました。ブラノン氏と妻スーの趣味は、ローラーブレイドです。また、子どもや孫たちとの時間を大切にしています。

寄稿一覧 Dave Branon

もっと良くなる

パリのノートルダム大聖堂は目を見張るような建造物です。外観だけでなくステンドグラスの窓などの内装も美しく、息をのむほどです。しかし、何世紀にも渡ってパリの景観を作って来たこの教会も、修復工事が必要でした。また、工事中に起こった大火災により、甚大な被害が発生しました。そこで、この8世紀も前の歴史的建造物を愛する人々が、動き出しました。再建のために約1千億円にのぼる寄付金が集まりました。崩落した尖塔と屋根の再建だけでなく、内装や収蔵品も修復が必要です。この歴史的な大聖堂は、多くの人にとって希望の象徴なので、有益な取り組みで しょう。

生活の知恵を超える

孫が暖炉の上にぬいぐるみを置いたので、化繊の毛が溶けて耐熱ガラスを汚しました。ところが、取扱店の人が、それをよみがえらす「生活の知恵」を授けてくれたのです。ガラスは新品同様になり、暖炉付近にぬいぐるみを置くのは禁止になりました。

今、お腹が空いてるの

トーマスはインドの貧しい家に生まれ、アメリカ人の養子になりました。やがて故郷を訪れ、子どもたちの困窮を目の当たりにしました。彼はアメリカに戻って大学を卒業し、お金を貯めて援助のために戻って来ようと思いました。

アビーの祈り

アビーは、飛行機事故で両親を失い、自らも重傷を負った青年のニュ ースを耳にしました。高校2年生のときのことです。知らない人でしたが、母親が「彼のために祈りましょう」と言ったので、いっしょに祈りました。

空っぽのベッド

私はレンデルとの再会を楽しみに、ジャマイカの聖ヤコブ子ども病院に来ました。彼は2年前にイエスの愛を知ったのです。一緒に宣教旅行をした聖歌隊の高校生、エヴィが聖書を読んで福音を語ると、レンデルはイエスを自らの救い主だと信じました。しかし、レンデルの病室に行くとベッドは空でした。5日前に亡くなったとのことでした。

共通の話題

聖書のみことば:使徒17:22-32

あなたがたの拝むものをよく見ているうちに、「知られない神に」と刻まれた祭壇があるのを見つけました。—使徒17:23

春の短期宣教旅行で高校生たちはジャマイカに行き、少年院を慰問しました。そこには法律を犯したり、乱暴で家族が面倒を見切れなくなったりしたティーン・エイジャーがいました。これは両者にとって、心地よい状況とはいえません。何を話したらいいのだろう、どうしたら親しくなれるだろうと考えていました。

しかし、彼らが仲良くなる方法を見つけるのに、さほど長くはかかりませんでした。アメリカ人の学生が到着して何分もたたないうちに、両者の間でサッカーの熱戦が始まったのです。

サッカーの試合で一緒にボールを追いかけ、おしゃべりをするうちに、最初の緊張がすっかりほぐれました。サッカーという共通の興味があったおかげで試合の後も話がはずみ、思った以上に早く友だちになることができました。

使徒パウロは、垣根を取り除いて人と話ができるようになる方法を、使徒の働き17章で示しています。彼は共通の関心ごと、すなわち礼拝について、アテネの人たちと話をしました。私たちも同様に、仕事仲間とスポーツの話をしたり、隣人と立ち話をしたりできます。人と会話をスタートさせる方法は、無限にあるでしょう。

神の愛を知らない人々に手を差し伸べるために、共通の話題を探しましょう。そして、互いの間にある壁が崩れ落ちるのを見ようではありませんか。

神の愛には人間の垣根を崩す力がある。

裂けた神殿の幕

それは暗く陰気な日でした。エルサレムの城壁の外の丘で、ひとりの男が荒削りの木の十字架にかけられました。それまでの3年間、群衆を魅了し、熱心な信者を集めた人です。彼を悼んで嘆く人々。真っ暗な昼下がり。「完了した」(マタ27:50、ヨハ19:30)という叫び声とともに、彼は十字架の苦しみから解放されました。まさにその時です。神殿から町中に、もうひとつの音が響き渡りました。神殿の至聖所を隔てる分厚い大きな幕が、奇跡によって上下に真っ二つに裂けたのです(マタ27:51)。

共通の話題

聖書のみことば:使徒17:22-32

あなたがたの拝むものをよく見ているうちに、「知られない神に」と刻まれた祭壇があるのを見つけました。—使徒17:23

春の短期宣教旅行で高校生たちはジャマイカに行き、少年院を慰問しました。そこには法律を犯したり、乱暴で家族が面倒を見切れなくなったりしたティーン・エイジャーがいました。これは両者にとって、心地よい状況とはいえません。何を話したらいいのだろう、どうしたら親しくなれるだろうと考えていました。

しかし、彼らが仲良くなる方法を見つけるのに、さほど長くはかかりませんでした。アメリカ人の学生が到着して何分もたたないうちに、両者の間でサッカーの熱戦が始まったのです。

サッカーの試合で一緒にボールを追いかけ、おしゃべりをするうちに、最初の緊張がすっかりほぐれました。サッカーという共通の興味があったおかげで試合の後も話がはずみ、思った以上に早く友だちになることができました。

使徒パウロは、垣根を取り除いて人と話ができるようになる方法を、使徒の働き17章で示しています。彼は共通の関心ごと、すなわち礼拝について、アテネの人たちと話をしました。私たちも同様に、仕事仲間とスポーツの話をしたり、隣人と立ち話をしたりできます。人と会話をスタートさせる方法は、無限にあるでしょう。

神の愛を知らない人々に手を差し伸べるために、共通の話題を探しましょう。そして、互いの間にある壁が崩れ落ちるのを見ようではありませんか。—Dave Branon

神の愛には人間の垣根を崩す力がある。

前の文章:見て学ぶ次の文章:間違いを正す「生きて働かれる神:マレーシア初の女性議長誕生秘話」に戻る

寛容で力強い

敵のオランダ侵攻に伴って、アンネ・フランクの一家は危険を逃れるために隠れ家に移りました。そして、第二次世界大戦中の二年間、発見されて強制収容所に送られるまで、そこで暮らしました。彼女は有名な「アンネの日記」に「長い目で見れば、すべての武器の中で、最も鋭いものは親切で優しい霊だ」と記しました。