作者

すべて見る
Randy Kilgore

Randy Kilgore

ランディ・キルゴア氏は、ある会社の人事部長として20年以上働いた後、神学校に行きました。神学修士を取得後、執筆者および民間企業のクリスチャンカウンセラーとして働いてきました。キルゴア氏は妻シェリルとともにマサチューセッツ州に住んでいます。夫妻には、ふたりの成人した子どもがいます。

寄稿一覧 Randy Kilgore

策は秘策が無いこと

職場の同僚が自分はイエスにふさわしくないと言いました。自己陶酔的な自分の生き方に不満だけれど、親切で良い人になろうとしても、うまくできないし、してはいけないと分かっていることも、やめられないのだそうです。彼は、君の秘策は何かと真剣に尋ねました。私は「僕の秘策は、策がないこと。僕だって君と同様、神の基準をクリアできない。だからこそ、イエスが必要なのだよ」と答えました。

クリスマスの奇跡

主が行なわれた奇しいみわざを思い起こせ。—Ⅰ歴代誌16:12

神学大学院で最初の学期を終えたとき、クリスマス休暇を実家で過ごすための航空券をもらいました。ところが出発の前日、所持金は20ドルにも満たないことに気づきました。空港までの交通費や雑費など、どう考えても20ドルでは足りません。私たち夫婦は途方に暮れながらも祈ることにしました。当時、子どもたちはまだ幼かったのですが(6歳と2歳)、祈りに加わらせることにしました。

私たちが祈っていると、アパートの廊下で足音がしました。「カサッ」と紙の擦れる音がします。ドアの下から封筒が差し込まれ、その中には匿名で50ドル紙幣が入っていました。

6歳の娘の驚いた表情は、私たち夫婦の心情そのものでした。偉大な神は、幼い少女の心にその御名をしっかりと刻まれました。私たちの祈りを聞き、瞬時に応えてくださったのです。こうして私たち家族は、詩篇の作者ダビデのように「そのすべての奇しいみわざに思いを潜め」ました(I歴16:9)。

世界で初めてのクリスマスの夜、力ある全知全能の神は、人を唖然とさせる寛大な赦しと無条件の愛の喜びによって、ご自分の御名を人の心にしっかりと刻まれました。キリストの降誕は、愛と赦しを求める最も熱心な祈りへの応答です。この驚きを、あなたも感じることができますか。

クリスマスの意味とキリストなるお方を知るなら、素晴らしさに満ちた人生が、あなたのものになる。

自信に満ちた希望

宣教師のウイリアム・ワラスは1940年代、日本軍が攻撃する中、中国の梧州(ごしゅう)で外科医として働いていました。ワラスはスタウト記念病院(思遠醫院)の責任者でしたが、病院の器具を数隻のはしけに載せ、川を行き来しつつ敵の襲撃を避けて医療をつづけるように命じました。

父の家に行く道

人生には辛い日々があります。出口のない闇のように感じて圧倒されるときがあります。私たち家族がそういう境遇にいた頃、妻が朝のデボーションのあとで、「神さまは、明るい日が来ても闇の中で学んだことを忘れないようにと言われている」と言いました。

自分のことを脇に置いて

芝生に倒れている巨木に比べて、そばに立っていた人たちは小人のようでした。杖をついた高齢の女性が、前夜の嵐がこの堂々としたニレの木を吹き倒したと言いました。唇をわなわな震わせ「美しい石の壁も壊れてしまったわ。結婚した時に主人が造った壁よ。ふたりして大好きだったのに。なくなってしまったわ。彼が逝ってしまったように」と嘆きました。

どんな時にも意味がある

エイダは家族や友人に先立たれ、介護施設で暮らしていました。「年をとって一番辛いのは、皆が逝ってしまい、ひとり残されることよ」と言いました。私が生きがいは何かと尋ねると「私にとっては、生きることはキリスト、死ぬことも益です」(ピリ1:21)という使徒パウロのことばを引用してこう言いました。「生きている限り仕事があります。体調が良い日は、施設の人たちにイエスについて話し、具合が悪い日は祈ることができます。」

思いがけない知恵

中学に上がる前の息子が暴力事件のニュースをテレビで見ていると、彼の母親がおもむろにリモコンを取り「こんなものを見る必要はないわ」とぶっきらぼうに言ってチャンネルを変えました。息子は反発しましたが、母親は「すべての真実なこと…すべての清いこと、すべての愛すべきこと…」(ピリ4:8)で心を満たしなさいという聖書のみことばを教えて納得させました。そして夕食後のことです。彼女が夫とニュースを見ていると、5歳の娘が急いでやって来てテレビを消し、母親の口調をまねて言いました。「あなたたち、こんなのを見る必要はないわ。聖書が語っていることを考えてごらんなさい。」

思いがけないあわれみ

高校2年生の時のある金曜日、アルバイト先のボウリング場で夜遅くまで汚れたフロアをモップがけしました。清掃スタッフが急に病気で休んだからです。彼の欠勤について上司に連絡しませんでした。掃除ができていれば問題は無いし、彼を驚かせたかったからです。ところが大問題が起きました。翌朝、扉を開けるとボウリング場は水浸しで、ピンやスコアカード、トイレットペーパーがぷかぷか浮いていました。私は前夜、水を出しっぱなしのまま帰ってしまったのです。しかし上司は怒るどころか「頑張ろうとしたんだね」と笑顔でハグしてくれました。思いがけないあわれみでした。

一番嬉しかったプレゼント

恵みの賜物:神を知ることができる

主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのみわざを国々の民の中に知らせよ。—Ⅰ歴代誌16:8

修養会で「今までで一番嬉しかったクリスマスプレゼントは何ですか」と質問されると、スポーツマンタイプの男性が、「その答えは簡単だ」と言いました。「僕は大学を卒業したら、プロのフットボール選手にスカウトされると思っていましたが、そうならなくて腐っていました。そして、周りの人たちを傷つけていたのです。それから2年。フットボールを離れてから2度目のクリスマスに、今隣に座っている友人の教会に、クリスマス劇を観に行きました。求道心などありません。姪が出演するので、行ったのです。そのときの気持ちを表現するのは難しいのですが、なぜか、子どもたちの劇の真っ最中に、僕も羊飼いや天使たちと一緒にイエスに会わなければ、と切実に思いました。会衆が『きよしこの夜』を歌い終わった時には、立つこともできず泣いていました。」彼はもう一度、隣の友人をチラリと見て言いました。「彼は、家族を先に帰しました。そして、イエスを心に迎える祈りを導いてくれたのです。あの夜、僕は、最高のクリスマスプレゼントをもらいました。」

このクリスマス、イエスが生まれたという単純で喜ばしい物語から、イエスのことを知りたいという思いが私たちのうちに生まれますように。 RANDY KILGORE

最高のクリスマスプレゼントは、イエスから与えられる和解と赦しだ。


聖書のみことば:Ⅰ歴代誌16:8-13

8主に感謝して、御名を呼び求めよ。そのみわざを国々の民の中に知らせよ。9主に歌え。主にほめ歌を歌え。そのすべての奇しいみわざに思いを潜めよ。10主の聖なる名を誇りとせよ。主を慕い求める者の心を喜ばせよ。11主とその御力を尋ね求めよ。絶えず御顔を慕い求めよ。12主が行われた奇しいみわざを思い起こせ。その奇蹟と御口のさばきとを。13主のしもべイスラエルのすえよ。主に選ばれた者、ヤコブの子らよ。

「恵みの賜物」のトップページに戻って関連するコンテンツを読む。