Month: 12月 2018

使者

ある会議に出席しているとスタッフが「伝言です」とメモをくれました。何だろうと緊張しましたが「甥っ子ができた」と書いてあったので、吉報でした。

すべてが新しい

私は車いじりが好きなので、よく近所の解体屋に出かけます。そこは、過去の自慢のなごりの間を風が音を立てて吹き抜けていくような、わびしい場所です。ねじ曲がったり、用済みになったりした数々の車の間を歩いて、ふと一台に目が留まると、現役時代にはどんな冒険をしたのだろうと思いを馳せたりします。一台一台が過去への入り口であり、語るべき物語があります。逃れられない時の流れと最新モデルに憧れる人々についてです。

神が否と言われるとき

兵役義務に18歳でついたとき、配属先について必死で祈りました。体力が自慢ではなかったので、厳しい戦闘訓練のない部署に行きたかったのです。ところが、聖書を読んでいて「わたしの恵みは、あなたに十分である」(Ⅱコリ12:9)というみことばが飛び込んできました。不安になりましたが、それは間違いでした。神は私の祈りに応えて、大変な所に配属されても助けようと言われたのです。結局、私は装甲歩兵になり、辛いこともありました。しかし、あの経験と訓練は、私を肉体的にも精神的にも鍛え、一人前の大人になる準備をしてくれたと感謝しています。

本当の愛のしるしーその五

本当の愛は「すべてを信じます。」

この説明から受ける第一印象は、愛する人は単純でだまされやすいというものです。しかし、パウロの考えは違います。また、疑わしい言動をいつも好意的に理解してあげなさいというわけでもありません。愛情深い教師やコーチ、カウンセラーや友人は、真相を突き止めるためにむしろ疑い深くなるべきです。

パウロは、愛しているなら相手の言うことを盲目的に信じなさい、とは言っていません。そうではなく、信じることと愛することには喜ばしい基本的な関係があると言っているのです。本当の愛は、神を信じることからエネルギーを得ています。コリント人への手紙第一13章は、この真理を教えてくれます。神が語られるすべて、つまり、神、そして、私自身や私と他者について神がお語りになる「すべて」を信じる、という信仰の上に、本当の愛が育まれていくのです。

もし、神の愛を疑うことがあるならば、私たちはお互いに愛し合う動機を失います。もし、神が寛容で親切であることを疑うならば、お互いに寛容であり親切であることは難しいでしょう。もし、神が生活の必要を満たしてくださることを疑うならば、人に気前良くしようとは思わないでしょう。

キリストのように愛することを理解するために、「愛はすべてを信じる」という真理は、大切です。本当の愛は、信仰の上に立脚し、そこに根を下ろしています。信仰は聖書に記された神のみことばに立脚し、そこに根を下ろしているのです。

神への信仰がなければ、愛はあきらめて死んでしまいます。神が語られた「すべて」を信じつづけないかぎり、私たちの愛は、人生における侮辱や拒絶、そして失望を生き抜くことができません。神のみことばの上に私たちの愛の基礎を据えないかぎり、愛は敗北してしまいます。神を信頼してこそ、愛は強くありつづけるのです。

本当の愛は「すべてを期待します。」

これは前文から自然につづくものです。神のみことばと神の御計画を信頼して生きるなら、当然、すべてを期待することができます。神の恵みを信頼するとは、人間が失敗しても、それで終わりではないと信じることです。本当の愛が「期待する」理由は、神が人の人生に働きかけられるからです。

パウロは、無分別に何でも信じなさいとは言っていませんが、聖書の神を信じる人たちだけが、愛することと期待することの健全な土台を持っていると言っています。

詩篇の作者は、「私の望み、それはあなたです。」(詩篇39:7)と神に語りました。パウロは、「希望は失望に終わることがありません。」(ローマ5:5)と言っています。また、ペテロは、次のように記しています。「イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせて、生ける望みを持つようにしてくださいました。」(Iペテロ1:3)

これが愛の力です。愛のエネルギー源は、移ろいやすい感情や時々の状況ではなく、神に対する深い信頼と大きな希望にあります。本当の愛は「あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望み」(コロサイ1:27)によって、いつも新しくされながら、人生を前向きに生きています。

本当の愛は「すべてを耐え忍びます。」

本当の愛が、正しいことを信じ、正しい希望を持つという前提で、パウロは「愛はすべてを耐え忍ぶ」と言っています。愛についての話を締めくくるために、「耐え忍ぶ」という単語が選ばれましたが、これは13章4節の「寛容」と同じ意味を持っています。

本当の愛を説明するために、パウロはこのふたつの単語の違いを上手に用いています。

4節の「寛容」は長く耐えるという意味で、自分を迫害する人さえ恨まずに耐え忍ぶということが焦点になっています。一方、「すべてを耐え忍ぶ」というときに強調していることは、人生のいろいろな状況に対してどう応答すべきかという点です。愛はあきらめません。途中で投げ出したり、逃げ出したりしません。「すべてを耐え忍び」、最後まで我慢します。

決して忘れることのできない光景があります。それは、1984年のロサンゼルス・オリンピックの女子マラソンを走ったスイス人選手の光景です。他の選手たちがゴールに入り、かなり長い時間が経過してから、この選手は競技場によろめきながら入って来ました。立っているのがやっとという状態で、歩いたり走ったりすることなど不可能のように見えました。しかし、ゴールするにはトラックを一周しなければなりません。私は、限界に達し、今にも倒れそうなこの選手の姿を見つめていた自分を思い出します。同時に、そこにいた観客が総立ちで、何としても完走するようにと、彼女を応援したことも覚えています。最後の直線コースにさしかかったとき、彼女のコーチがすぐ横を歩きだしました。失格にならないように、彼女にさわらないように注意深く歩きました。ついに、ゴールラインを越えると、彼女はコーチの腕の中にくずれ落ちました。ほとんど無意識の状態でした。

何という素晴らしい忍耐の姿でしょう。こういう忍耐こそ、コリント人への手紙第一13章が語る愛のしるしです。本当の愛は、耐え忍びます。苦しみに遭ってもあきらめず、耐え忍びます。ゴールすることには大きな価値があると知っているからです。

本当の愛のしるしーその一

ビートルズは、エド・サリバン・ショーのステージから鮮烈な米国デビューを果たしました。大胆かつ斬新なサウンドで当時の人々を魅了し、「愛こそはすべて」と大合唱させました。しばらくして彼らは解散し、ファンは再結成を夢見ました。後年、ステージが企画され、ビートルズは以前のように愛を歌いました。スタジオでの再会が大きく取り上げられましたが、そこでも「リアル・ラブ(本当の愛)」という題名の歌がキー・ソングでした。しかし、ジョン・レノンが作詞した歌詞は、悲しいものでした。本当の愛こそが人生の目的であり、走り続けた人生の栄冠だと歌いながら、その歌は 「ひとりぼっち」という哀しい心模様で終わります。

ジョン・レノンの歌詞は、彼の世代だけではなく、みんなの心情をとらえています。私たちは、愛を探し求め、ある時はそれを見つけたと思います。しかし、幻滅する時がいつか訪れ、その感情は消えてしまうのです。

愛とはいったい何物なのでしょう。なぜ、これほどつかみどころがないのでしょう。しかし、私たちが使徒パウロの時代に生きていたら、ギリシャ語の単語を使うことで、自分の求めている「愛」が、どんなものなのかを明確に表すことができたでしょう。

エピトウミア(epithumia)という単語は、性愛によって満足させられる欲望を意味しました。エロス(eros)は恋をしているときの感情、ストルゲ(storge)は、何かを守ろうとする強い愛を意味しました。フィレオ(phileo)は、家族や友人を思う気持ちです。もうひとつは、アガペ(agape)でした。このことばは、(ほとんどの場合、神の愛に使われ)、最も深くて純粋な愛を意味していました。

パウロがコリント人への手紙第一13章で愛について述べたとき、彼は「アガペ」という単語を使っています。パウロは、最も崇高な神の愛こそが、私たちのあらゆる愛に永遠の意味をもたらすということを示したかったのでしょう。パウロは、「アガペ」ということばを使うことで、創造主である神の視点で「愛」を表現したのです。それは、次のようなことでした。

愛は寛容であり、愛は親切です。また人をねたみません。愛は自慢せず、高慢になりません。礼儀に反することをせず、自分の利益を求めず、怒らず、人のした悪を思わず、不正を喜ばずに真理を喜びます。すべてをがまんし、すべてを信じ、すべてを期待し、すべてを耐え忍びます。(Iコリント13:4~7)

この崇高な愛、「アガペ」をさまざまな角度から吟味するなら、これこそが、私たちが求めている「本当の愛」であることがはっきりします。

本当の愛は「寛容」です。

新改訳聖書で「寛容」と訳されている単語は、原語のギリシャ語では「気長な」というような意味です。聖書辞典では、腹の立つことをされてもすぐに仕返ししたり、相手を罰したりしないことだと説明されています。すぐにくやしがったりしないことだと定義した聖書学者もいます。本当の愛は、仕返しをしません。心の中に恨みを抱え込んだりしません。本当の愛は、心を深く傷つけられた場合でも、耐え忍んで相手を愛します。

不倫や家庭内暴力など、壊れた人間関係に苦しんでいる現代社会は、このような愛を必要としています。本当の愛は、心に痛みや悲しみを感じさせます。そして、それを乗り越えようとしますが、決して仕返しをしようとは思いません。このような愛が、普通なら絶対にできないと言われることを可能にする場合もあります。以下の例は、そのひとつです。

知美さんの夫の和彦さんは、長い間ある女性と不倫関係にありましたが、やがて家庭を捨てて出て行きました。知美さんは、離婚協議の渦中にあっても、何が夫を愛することであり、なぜそうすべきなのかを決して忘れませんでした。知美さんの傷心がようやく癒え、平和な生活を取り戻し始めた頃、和彦さんが勤務中に怪我をして入院したと聞かされました。神はこの事故を用いて、道を踏みはずした和彦さんの目を覚ませられたのです。

ある日、和彦さんから知美さんに連絡がありました。もう一度やり直せないかと尋ねてきたのです。なんという自分勝手でしょう。彼が同じことを繰り返し、彼女を再び苦しませないという保証はどこにもありません。しかし、知美さんは、そのような不安を持ちながらも、和彦さんといっしょにカウンセリングを受けることにしました。そして、女性として最悪の状況を余儀なくされて2年が過ぎた頃、知美さんと和彦さんは再婚しました。

同じ状況の別の女性は、前夫とは良い友人にはなれても再婚はできないと思うかも知れません。しかし、知美さんは、恨むことを自ら否定し、寛容になろうと決意しました。そして、相手は自分を苦しめ自分を捨てた男性であるにもかかわらず、リスクを承知でその人と再婚したのです。

恨まないという強い意志があれば過去の苦しみを簡単に忘れられる、というわけではありません。しかし、本当の愛は、恨みに屈しません。本当の愛は、本当に寛容なのです。

本当の愛は「親切」です。

「君は僕の人生を飾ってくれた」というヒット曲が米国にありました。このラブソングは、日常生活が愛されることによってときめき輝く喜びを歌っています。しかし、本当の愛は親切だと言うその愛は、単なる飾りではありません。ギリシャ語学者のA.T.ロバートソン氏によると、「親切」と訳されているこの単語は、「役に立つ、または、恵み深い」という意味だそうです。Young’ s Analytical Concordance(ヤングズ分析用語索引)も、この単語をto be useful (役に立つこと)およびto be beneficial(有益なこと)と定義しています。言い換えるなら、愛は、親切で恵み深く有益な行動につながるということです。

本当の愛の目的は、相手にとっての最善です。このことを踏まえれば、本当の愛は寛容であるだけでなく、優しく親切でなくてはいけません。優しさは、厳しさ以上に人の良い部分を引き出します。箴言15章1節に「柔らかな答えは憤りを静める」とあるように、実践的で有益な愛とは、相手の欠点ではなく長所を引き出す愛です。

やさしくて「恵みに満ちて」(ヨハネ1:14)いることは、イエス・キリストのような性質だと言えます。イエスは、助けの必要な人々に向かってこう言われました。

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。」(マタイ11:28~29)

歴史上、誰よりも強く、誰よりも愛に溢れたお方が、キリストです。このお方は、宇宙を創造する強さを持ち、権力者たちの偽善と利己主義に打ち勝つ知恵もお持ちでした。にもかかわらず、恵みとまことに溢れておられました。

イエスは、私たちに次のことを教えてくださいます。愛には真実が必要ですが、優しさを伴わない真実は、愛とは言えません。愛には寛容が必要ですが、親切を伴わない寛容は、愛とは言えません。本当の愛は親切です。

本当の愛は「ねたみません。」

パウロは、本当の愛は他人の成功や幸福をねたまない、と言います。愛は、「私の手に入らないものを、あなたも手にしてはいけない」とは言いません。むしろ「私は、あなたのように成功して名誉やゆとりある生活を手にすることはできないけれど、あなたがそのように成功して幸せなので嬉しいです。自分ももっと与えられればとは思いますが、あなただけがそんなに与えられるのはなぜだろうとは思いません。」と言うのです。

ねたまないのは、難しいことです。多くの人は、出世のチャンスを奪われたり、仕事の成果を十分に評価されなかったりという経験を何度もしているでしょう。また、自分は日々の暮らしで精一杯なのに、他の人がどんどん裕福になるのを見てきたかもしれません。イエスの弟子たちでさえ、自分たちの中で誰が一番なのかと、繰り返し口論していました。

この不公平な世の中で、ねたまず、忍耐と親切で愛することが簡単だとは誰も思っていません。失業しても落ち込んではいけないとか、人間関係につまずいても悲しんではいけないと、聖書が言っているわけではありません。パウロは、本当の愛があれば落ち込んだり悲しんだりしない、とは言っていませんが、本当の愛があればねたまない、とは言っています。もし、私たちに本当の愛があるなら、自分は苦労しているのに他の人は悠々と暮らしている場合でも、その人に悪意を持ったりしません。

どのようにすれば、慈しみ深く愛することができるでしょう。キリストの御霊だけが、それを可能にしてくださいます。がっかりすることが起こっても、前向きでいられる秘訣は、天の父であり羊飼いである恵み深い神を、深く信頼することです。がっかりすることもあるでしょう。不公平を経験して、信仰と愛が試されるでしょう。しかし、神を信頼することを学べば、たとえ置かれた状況に落胆することはあっても愛することができます。

本当の愛のしるしーその四

本当の愛は「不正を喜びません。」

愛は、自分の主張を押し通そうとイラついたりしません。また、不親切をせず、ねたまず、見栄を張ったり自己宣伝したりせず、礼を失せず、利己的でなく、遺恨を持ち続けず、短気を起こしません。

愛は不正を喜ばないとは、前述のまとめです。パウロは、「神が悪いことだと言われることは愛ではない」と述べているので、他の人が道徳的に失敗したことを密かに喜ぶのは、愛ではありません。暴かれるべき悪を隠すことが愛ではありません。他人の失敗を井戸端会議のネタにするのは愛ではありません。自分は情報通だと吹聴したり、単調な会話を弾ませたりするために他人の恥を話題にすることは愛ではありません。誰かが罪を犯したという話は、関係者のきまり悪さや苦しみをあおらないように、人々の益になるような形でしか語られるべきではありません。

アイルランドの作家オスカー・ワイルドは、冗談半分にこう言いました。「私は、信条より人間が好きです。そして、信条を持たない人が、世の中で一番好きです。」このような言葉を聞くと、私たちはニヤッとします。それは、道徳的な信条よりも罪のほうが愉快だからです。パウロが記述している愛は崇高に聞こえますが、短期的に見るなら、苦痛に思えます。しかし、本当の愛は、長期的な視点に立って、罪の害を心配します。罪の報いの苦悶を思うなら、悪を歓んでいるわけにはいきません。

本当の愛は、浮かれて蒔いた悪の種が、良心の呵責に苛まれる深刻な結果を生むということを知っています。罪は、私たちから機会や利益を奪ってしまいますが、 事の発端は軽率さや愚かさです。「みんなもやっている。」と言って蒔いた種は、いつの日か、別離や孤独という果実になることを、本当の愛は知っています。罪をそのままにすれば、大切な時間が失われるだけでなく、たましいが永遠に滅びてしまう可能性さえあります。

本当の愛は不正を喜びません。それは、今だけでなく将来をも心配しているからです。悪は無邪気ないたずらではありません。本当の愛は、そのことを知っています。

本当の愛は「真理を喜びます。」

パウロは「愛は不正を喜びません。」と言いました。では何を喜ぶのでしょう。その答えは真理です。では、なぜ「正しさ」ではなく「真理」なのでしょう。パウロが「真理」という言葉を選んだ理由は、正しさと真理の本質的な関係にあると思われます。

パウロは、テサロニケ人への手紙第二の中で、「真理を信じないで、悪を喜」ぶ者は裁かれる(IIテサロニケ2:12)と述べていますが、この言葉は、「愛は真理を喜びます。」の意味を解き明かす手がかりになります。すなわち、パウロは、あることを信じることとある行動をすることの間には、深い関係があると指摘しています。つまり、何を信じるかが、私たちの行動を決定します。同時に、やりたいと思うことが、信じたいと思うことを決定するのです。

聖書が正しい信仰を強調しているのは、このためです。良い教理とは、神について、私たち自身について、他者についての正しい教えのことです。正しい教えは、自分を欺いて人と係わるのではなく、真理の中でお互いを愛するように導いてくれます。

すべての悪は、真理を否定します。間違った行為の根は、現実に対する誤信です。すべての不道徳は、自己欺瞞に起因しています。自己欺瞞とは、次のことです。それは「自分のことは神以上に私自身がよく知っている。周りの人のためにどうすればよいかについても、神以上に知っている」と言うことです。

結婚前の交際相手と性的な関係を持とうとするのは、本当の愛ではなく不誠実です。真理についての嘘を信じることで、人は殺人や強盗を犯し、人を欺し、嫉妬し、噂話をします。結婚していない大人の男女が合意の上で性的関係を持ったとしても、誰にも迷惑をかけていないというのは、自己欺瞞です。

パウロが愛は「不正を喜ばずに真理を喜びます。」と語ったのは、もっともなことです。不正の反対は、単なる正義ではありません。正しくないことの反対は真理です。人と良い関係を築くことを可能にしてくれるものは、人の欠点をあげつらうことではなく、真理を信じることです。それは神について、人について、そして自分自身についての真理です。真理に背を向ければ、私たちは自滅します。勇気を出して正しく、忍耐強く、誠実に生きるなら、私たちは、自分よりうまくやっている人たちのことをも喜ぶことができます。それが、本当の愛です。

本当の愛について説明するために、パウロは、真理と正義という基礎を据えました。いよいよ、仕上げにかかります。

本当の愛は「すべてを我慢します。」

ギリシャ語で「我慢する」という言葉は「屋根」を意味します。愛は、屋根が嵐から家を守るように、愛するものを守ります。周りの状況がどうであれ、相手の益のために我慢して働き続けます。失敗の雨も逆境の風も、失望の嵐も我慢します。愛は極寒の冬や酷暑の夏を避ける屋根です。最悪の状況に耐え得る避け所です。

人は不完全な世界に生きていますから、辛く厳しい現実に直面します。そんなことがないように私たちを守ることは、誰にもできません。また、間違った選択をすれば、その先には良くない結末が待っています。その現実から私たちを救うことは愛にもできません。しかし、愛は傷つき疲れはてた人を思いやり、助けてくれる友だちを与えます。愛は、悔い改めの心を持たない人にさえ、とりなしの祈りをする人を与えてくれます。愛は、どんな悪い人にさえ、悔い改めるチャンスを与えるのです。

ここで間違ってはならないことは、「すべてを我慢します」という意味が、雑巾が汚いものを拭うように自分に向けられたすべての罪を我慢することではないということです。その意味は、愛は相手の最善を願うことを止めず、相手から赦しのチャンスを取り上げないということです。愛があるなら、相手を憎んだり、軽蔑したり、否定したりしません。愛は思いやり深く祈りつづけ、相手の失敗を忍耐し、はっきり物を言うべき時は言い、悔い改めれば赦してあげます。このようにして、相手を思いやるのです。この愛を、屋根のイメージで説明する限界が、ここにあります。つまり、この愛は、消極的な愛ではないからです。この愛は、積極的な愛です。相手の出方によってリードしたり応答したりと適切に変化する活力に満ちています。愛の本質は変わりません。しかし、相手にとってすべてが益となるために、愛の戦略は常に変化しています。