Category  |  従順

友情のしるし

ガーナで過ごした少年時代、人混みでは父と手をつないでいました。私にとって父は友でもありました。私の国の文化では、手をつなぐことは友情のしるしだからです。私たちは歩きながら様々なことを語り合いました。寂しい時は、いつも父に慰められました。この関係は私の宝物でした。

耳は聞くために造られた

女優のダイアン・クルーガーは、スターの仲間入りが約束される役をオファーされましたが、それは若くして夫と子どもを亡くす女性の役でした。彼女は、そのように大きな喪失を経験したことはありません。リアリティー豊かに演じることができるだろうかと思いました。しかし思い切って引き受け、役作りの準備に深い悲しみを抱えている人たちの自助グループに出席しました。

しもやけにならずに遊ぶ

子どもたちが、そりで遊びたいと言いました。外の気温はマイナス17度、雪も降っています。私は少し考えてから、着込んで暖かい格好をし、離れ離れにならないように、そして15分経ったら戻りなさいと言いました。これらのルールを作ったのは、愛する我が子がしもやけにならずに自由に遊ぶためです。

人に良く思われたい

教授は野外調査の現場で、自分の生徒のひとりに気づきませんでした。彼女は普段、ハイヒールを履いて長身でしたが、その日はスニーカーだったからです。彼女は「ハイヒールは理想の姿、今日は本当の姿」と言いました。

普通の人

ウイリアム・ケアリーは英国ノーサンプトンのつましい家庭に生まれた病弱な少年でした。明るい未来が望める境遇ではありませんでしたが、神は、彼の人生にご計画をお持ちでした。ケアリーはさまざまな障害を乗り越えてインドに渡り、目を見張るほどの社会改革を成し遂げ、数種類のインドの言語に聖書を翻訳しました。彼は神と人とを愛し、神のために多くのことを成し遂げました。

ぴったり追従

空軍基地のそばの我が家の上を3機の戦闘機が轟音を響かせて編隊を組んで飛んでいきました。「わぁ!すごい」と夫婦で見上げました。私はあれを見るたびに「あんなにくっついているのに、なぜぶつからないのだろう」と思います。その理由のひとつは、謙遜さだと言います。先頭のパイロットが正確なスピードと軌道で飛んでいると信じ、後続のパイロットは異議を唱えず先頭につづいてぴったり追従します。その結果、強いチームが生まれます。

確かな土台

去年の夏、私たち夫婦は「落水荘」(フォーリン・ウォーター)を見学しました。それはたぐいまれな家です。ペンシルバニア州の田舎にあり、1935年に建築家フランク・ロイド・ライトが設計しました。地面から自然に生えてきたかのように見せたかったそうですが、確かにそう見えました。家は滝に囲まれるように立ち、そばにある岩棚に同化しています。ガイドによると、この家は中心軸が大きな岩の上に立っているので安全だそうです。

運転手は誰?

友人のティムはモーリス・センダックの絵本「かいじゅうたちのいるところ」に登場する怪獣のフィギュア(人形)を車に飾っています。この前、彼の乱暴な運転を目にして、「あれは怪獣の運転かい」と尋ねました。次の日曜日、私は礼拝メッセージを記したノートを忘れて、慌てて家に引き返しましたが、途中でティムと擦れ違いました。そして後から「あれは怪獣の運転かい」とからかわれました。私たちは笑いましたが、彼の質問は的を射ています。私は法定速度を守るべきでした。

道を選ぶ

コロラド州の美しい秋の山景色の中、馬に乗った若者が、どの道を進むか考えている写真があります。それはロバート・フロストの「歩む者のない道」という詩を思い起させます。詩人は、目の前のふたつの道を思案しています。両方とも好ましい雰囲気ですが、今の地点に戻ることはおそらくないので、どちらかを選ばなければなりません。彼は言います。「森の中に分岐した道があった。私は選んだ人が少なそうに見える道を選び、それは後に、大きな違いをもたらした。」