Month: 7月 2020

恥ずかしい経験

私の一番恥ずかしい経験は、神学大学院の50周年記念式典で教授や学生、そして関係者に向かって講演した時のことです。原稿を手に講壇に上り、大観衆を見渡しました。しかし、その目が、式服に身を包み、最前列に陣取っている厳めしい顔の高名な教授たちを捉えると、頭が真っ白になりました。口は渇き、訳の分からないことを冒頭で言い、原稿があるのに、即興で喋りました。そして準備した話にどうやって戻ればよいか分からないので、原稿を必死でめくり、意味不明な話をして、聴衆を当惑させました。何とか話を締めくくり、はうように席に戻り、床を見つめました。死んでしまいたい気分でした。

見上げよう!

映像作家のワイリー・オーバーストリートが、高性能の望遠鏡を使って月のライブ映像を通行人たちに見せると、大きな映像に驚いた人々の畏敬のささやきが聞こえます。彼は、あのような素晴らしい光景を見ると「人間を超える大きな存在があるのではないかと不思議な感覚に満たされる」と語ります。

別々でもひとつ

アルビンとティムは、ある仕事を一緒にするよう命じられましたが、取り組み方について、かなり意見が違うと分かりました。相手のやり方が間違いとは思いませんが、あまりに違うので衝突は必至でした。そこでふたりは上司を交えて話し合いました。その結果、上司はふたりを別々の担当にし、プロジェクトは成功しました。アルビンはこの経験から、一致とは必ずしも共同で何かをすることではないと学びました。

多様性

ジャーナリストのグリン・ロバーツは1933年、「ロンドンの最大の長所は、民族、人種、言語のオンパレードであること」と語りました。それは今日でも変わることなく、この町は様々な臭い、音、景色が混在して国際色豊かです。この多様性の美しさは、ここが世界屈指の魅力ある街と言われる理由のひとつです。

得することを選ばない

数人の受刑者たちが刑期を短縮する社会奉仕として、道路のゴミ拾いをしていたとき、監視員のジェイムスが倒れました。駆け寄ると脳卒中かもしれないと分かりました。即座にひとりがジェイムスの電話を取り、救護を求めました。当局は彼らの行動に感謝しました。命が脅かされた監視員を放置して逃走することもできたのに、そうしなかったからです。

新たな人生の愚かさ

その時が来るまで分からないということがあります。最初の子どもを妊娠した時、出産に関する多くの本を読み、何人もの経験談を聞きましたが、なかなか想像はできませんでした。自分の中からもう一人の人間が出てくるなんて不可能に思えました。

失敗した

撮影班を伴った宝探しの一行が、1939年11月27日、ハリウッド野外音楽堂の外を掘り始めました。カフエンガ峠の宝という75年程前の金やダイヤモンド、真珠などを含む秘宝を探していたのです。ところが開始24日目に大きな岩に突き当たり、幅2.7メートル、深さ12.8メートルの大穴を開けただけで頓挫しました。

祈りの卵

コマドリが我が家のデッキの軒下に巣を作り、安全な場所に草を詰めた後、卵を温め始めました。私は毎朝、その様子を楽しんで見ていましたが、なかなか変化は現れません。卵がふ化するのに2週間もかかりました。

生い茂る木

私は昔から収集好きでした。子どもの頃は、切手やベースボール・カード、漫画などを集めました。親になった今、我が子が同じ血を受け継いでいると感じます。ぬいぐるみがもうひとつ要るかしらと、時々、不思議に思うのです。