Category  |  不正

正義とキリスト

初代ローマ皇帝、カエサル・アウグストゥス(紀元前63年~紀元14年)は、法と秩序で統治したと思われることを望みました。実際は、奴隷の搾取、軍事力、賄賂によって帝国を築きましたが、ローマ市民に「ユースティティア」、つまり一定の法秩序を与えました。国勢調査も行いました。それによって、地の果てまでを治める待望の王がベツレヘムに生まれたのです(ミカ5:2-4)。

声を上げる時

ある黒人女性は、キリスト教団体で30年間、誠実に働いていましたが、同僚は人種差別問題に話が及ぶと、皆、黙り込みました。しかし、2020年の春、この問題が世界中で公然と語られると、ついに彼らも話し始めました。彼女は複雑な心境でしたが、とりあえず前進だと思いました。しかし、今までの沈黙はなぜと不可解でした。

復讐しない

その人は朝一番、軽トラで畑の点検に出かけました。すると、一番遠くの畑にまたしても大量のゴミが捨てられていました。人目を盗んで不法投棄をする人がいるのです。彼は怒りで頭に血が上りました。仕方なく生ゴミ袋を回収していると、犯人の住所が印刷された封筒を見つけました。復讐する絶好のチャンスです。その夜、彼は犯人の家に行き、その庭に畑に捨てられていたゴミだけではなく、自分のゴミまでもばらまいて帰ってきました。

正しいトラブル

米国下院議員で公民権運動家ジョン・ルイスの死を、2020年、多くの人が悼みました。彼は、1965年、キング牧師と共に黒人の投票権のためにデモ行進をして大けがをしました。しかし、「もし不当、不正、不公平を目にしたら、あなたの道義的義務は黙さないこと。あなたは行動すべきだ」と述べ、「騒ぎを起こして、正しく必要なトラブルにかかわることを、決して、決して、恐れてはならない」と語りました。彼は、正しく真理に忠実であろうとするなら、口論や紛争も必要な場合があると若い頃に学びました。

権利を擁護すべき人

クリフォード・ウィリアムズは殺人罪で死刑判決が下りましたが、えん罪でした。再審請求が何度も却下され、42年が過ぎた後、その事件はシェリー・シボドー弁護士の知るところとなりました。そして彼女は、有罪の十分な証拠が無いどころか、別の男が犯行を自供していることを突き止めたのです。無罪が確定して釈放されたとき、ウィリアムズは76歳になっていました。

恐怖に立ち向かう

ウォーレンは牧師として小さな町に赴任し、教会運営は順調に進んでいました。ところが、突然、地域の住民のひとりがウォーレンの反社会的な行為をでっち上げ、地元の新聞社に持ち込みました。同様の内容のチラシも印刷し、全戸に郵送するといいます。彼は妻と懸命に祈りました。もし、皆がこの嘘を信じたなら、彼らの人生はおしまいです。

赦しと未来

南アフリカ政府が1994年、アパルトヘイトと呼ばれる人種隔離制度を撤廃したとき、この制度の下で見逃されてきた犯罪の対処という難問に直面しました。過去を無視することはできませんが、罪を犯した人たちを厳罰に処するなら、国家の分断は深まるでしょう。黒人初の聖公会大主教デズモンド・ツツは「私たちは過去にさかのぼって正義を追求し、南アフリカを灰に帰することもできたが、そうはしなかった」と語ります。彼らは真実和解委員会を発足させ、真実と正義と慈悲を追求する険しい道を選択しました。罪を犯した人でも、それを認め、過ちを正す意思を示すなら、更生の道が用意されました。勇気を持って真実と向き合うことによってのみ、国家の癒しが始まるのです。

よそ者を愛する

外国に転居して間もない頃、よそ者扱いをされました。夫が礼拝説教をする小さな教会で座っていると、老紳士がじろっと見て「そこをどきなさい」と言ったのです。彼の妻は詫びながらも、自分たちはいつもそこに座っていると説明しました。かなり経ってから、その教会では昔、教会員がお金を払って席を確保し、その賃料を教会財政の足しにしたと知りました。そういう背景で、誰それの席という考え方が長く受け継がれていたのです。

弱者の救済

スイスでスキーを楽しむ、プラハで難民の子どもたちを救う。あなたなら、どちらを選びますか。ニコラス・ウィントンは、平凡な人でしたが後者を選びました。1938年、ドイツ軍がチェコ・スロヴァキアに侵攻しようとしていた頃、彼はプラハのユダヤ人難民キャンプを訪問して惨状を目撃しました。そして、何とかしなければと救援計画を立てたのです。寄付金を募って、数百人の子どもたちを第二次世界大戦勃発前に脱出させ、英国の家庭で世話をしてもらえるように手配しました。