Category  |  訓練する

叱責

最近、教会の人に厳しいことを言わなければならなかった、とシェリーは語ります。その人が人を傷つける態度や行動をとり続けるのを看過できなくなったからです。緊張しましたが、実のある会話でした。実際、ふたりの絆は強まりました。そして後日、謙遜をテーマにした祈り会を共に主催しました。

はっきり言うという親切

親しい友人が私の目を見て「君は時々実際よりも敬虔に聞こえるね」と微笑みながら言いました。私はドキッとしましたが、声を立てて笑いました。優れた洞察力です。敬愛すべき友人の言葉でなければ傷ついていたでしょう。少々癇(かん)にさわりましたが、彼の正しさを認めざるを得ません。私は信仰について話すとき、わざわざ専門用語を使うようなところがあり、不誠実な印象を与えます。彼は、私のことを大切に思っているので苦言を呈してくれました。自分が純粋に信じていることを嫌味なく伝えられるように、私を助けてくれたのです。

きちんと見てくれた

広辞苑によると「メンター」は、良き指導者、助言者という意味ですが、ハンナ・シェルによれば、良いメンターは、人をきちんと見るそうです。人間の基本的な必要は承認されることですが、それは表彰されたり、有名になったりすることではなく、きちんと見てもらっているという安心感です。人は、尊重され、理解され、信頼されたいのです。

聖書を描く

オランダ系の家庭でよく見かける青と白の装飾タイルはデルフト市で生まれました。そこには、美しい風景、点在する風車、働いたり、遊んだりする人々などが描かれています。19世紀、チャールズ・ディケンズは、小説『クリスマス・キャロル』の中で、古い暖炉は、古風なデルフト・タイルで敷き詰められていて「カインや、アベルや、パロの娘達や、シバの女王達、……海に出て行こうとしている使者達……がそこに描かれていた」と記しています。当時の人々は、家族で暖炉を囲みながら、タイルを教材として、聖書の物語を語り合いました。そして、神の品性、すなわち、神の義やあわれみを学んだのです。

知恵が必要

母子家庭で育ったロブは、父親が我が子に伝授する実践的な知識に欠けていました。自分と同じ損失を誰にもこうむって欲しくないと考え、棚の作り方やタイヤ交換などさまざまなことを動画で教える「パパ、どうやるの?」というチャンネルを作りました。その温かく思いやり豊かな態度が受けて、ロブのYouTubeチャンネルは、数百万人のフォロワーを集めています。

あなたに必要な知恵

エレンは郵便受けに分厚い封筒を見つけました。親しい友人からです。実は先日、人間関係の悩みを彼女に打ち明けていたのです。何かしらと思って開けると、「Say It in Morse Code (モールス信号で伝えよう)」というスローガンで有名なブランドのビーズのネックレスでした。ビーズが表すモールス信号は「神の道を探し求めよ」であることを告げるカードも同封されていました。親友の思いやりに思わず笑みがこぼれました。

生きて働く信仰

孫と私は手をつなぎ、スキップで駐車場を横切りました。新学期に着ていく服を買うのです。幼稚園に通う孫は、どんなことにもワクワクと嬉しそうです。孫の可愛さは格別と言われますが、本当にその通りで、そのワクワク感を一層の喜びにするのが、祖母である私の使命だと感じます。しかし、それ以上の使命もあるのです。

信仰に対する投資

その少年は、12歳のクリスマスプレゼントに自転車を望んでいましたが、プレゼントは辞書でした。最初のページには「勉強に最善を尽くすことを願って。1958年、チャールズへ、パパとママより愛を込めて」とありました。

波及効果

ガーナ北部に小さな聖書学校がありました。トタン屋根とブロック壁の校舎に数名の学生。お世辞にも立派とは言えませんが、ボブ・ヘイズは、ここでの教育に人生をささげました。時に不承不承の学生たちを鼓舞し、伝道、説教、リーダーの役目を担うように教えました。ボブが召天してずいぶん経ちますが、十指に余る教会や学校が目覚ましく成長し、二つの聖書学校が設立されました。すべてボブの教え子たちが開拓しました。