Category  |  救い

神の礼服

我が家の子どもたちは2、3歳の頃、雨上がりの庭で泥まみれになって遊びました。私は家を汚さないように戸口で服を脱がせ、タオルをかぶせてお風呂に直行させると、彼らの汚れた身体をきれいに洗ってあげました。

素晴らしい招待

色々な招待のメールが来ますが、退職者のための投資セミナーや生命保険の説明会などへの招きは即、ごみ箱行きです。しかし、旧友の集まりには喜んで参加する旨の返事をしました。

祖国

スティーブンはアフリカ出身ですが国籍はありません。生まれはたぶんモザンビークかジンバブエですが、父親のことは知りません。母親は内戦を逃れ、路上で物売りをしながら国を渡り歩いて亡くなりました。スティーブンはイギリスの警察に逮捕して欲しいと頼みました。身元を確認できる書類が無いので何の保護も受けられず、刑務所で生活する方が路上より安全だと思ったのです。

暗闇の中でクスッと笑う

ワシントン・ポスト紙に、「テクノロジーの巨人による最新プロジェクト:死にあらがう」と題した記事が掲載されました。ペイパルの創業者ピーター・ティールなどの起業家が、人間の生命を無限に伸ばすことに挑んでいるそうです。巨額の資金を投資する用意があるといいます。しかし、少し出遅れたようです。なぜなら、死はすでに打ち負かされているからです。イエスは「わたしは、よみがえりです、いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです」(ヨハ11:25-26)と言われ、イエスを信じるなら決して死なないと保証されました。

透明人間になる指輪

ギリシャの哲学者プラトン(BC427-BC348)は、架空の話を使って、人の心の闇について考えました。それは、地下深くに隠されていた金の指輪を、偶然に見つけた羊飼いの話です。山の中腹にあった古代の墓が巨大地震によって開かれ、羊飼いが金の指輪を見つけます。そればかりか、その指輪をはめれば、透明人間になれることも分かりました。そこで、プラトンはこう問いかけます。絶対に見つからず、罰を受けることもないという状況で、悪いことをしてみたいという思いを抑えられるだろうか。

完全なアクセス

友人が2、3年前、プロゴルフの試合に誘ってくれました。初めての経験でしたので、どういうものか見当もつきませんでしたが、到着するとギフトやインフォメーション、コースの地図などを渡されて驚きました。しかし、それ以上にびっくりしたのは、18番ホールの背後にあるVIP用のテントに入れたことでした。そこには座る場所と無料の食べ物が準備されていました。私だけならば、こんな待遇は受けられません。友人のおかげです。彼と一緒にいたおかげで、自由にテントに入れたのです。

完璧な恵み

完璧な理想と完璧な恵み。イエスの教えは一見、矛盾しているかのようです。イエスは「あなたがたは、天の父が完全なように、完全でありなさい」(マタイ5:48)と、金持ちの青年におっしゃいました。最も大切な戒めは何かと問われると、「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ」(22:37)と答えられました。これが神の水準で、これらを完全に守れる人はいません。

ピニャータより良い物

メキシコのパーティーに欠かせないものは、「ピニャータ」というお菓子やおもちゃの詰まったくす玉です。子どもたちはそれを棒で叩いて割り、中身をもらいます。

語る木

キリスト信仰を表す最も古い英語の古典に、「ルードの夢」という詩があります。「ルード」は棒や柱を表す英語の古語で、キリストが架けられた十字架を意味します。この古い詩は、木の側から見たキリストの十字架を語っています。木は、神の御子を殺すために自分が使われると知り、そんなことはいやだと言います。しかしキリストは、信じるすべての人に救いを得させるために、協力して欲しいと木に言われたのです。